日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 子どもの先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症など)とは > 子どもの先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症など) 相談と回答 > 心房中隔欠損症術後の右脚ブロック

疾患別解説

心房中隔欠損症術後の右脚ブロック

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3957

5歳、 女性: 心房中隔欠損症術後

5歳の娘について相談いたします。先天性の心房中隔欠損症があり、半年前に手術いたしました。
先日、心電図検査で、心室期外収縮、右脚ブロック、QT延長があると言われましたが、医師の話では心配ないとのことでした。

右脚ブロックは手術前にもあり、心房中隔の子に多いと聞きました。心室期外収縮も健康な人にもよく見られると聞いています。
QT延長のほうは大丈夫なのでしょうか。また、この先、異常な心電図は治るのでしょうか。
なお、半年前の手術後に体重が5キロも増えています。心臓に負担はかからないのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

心房中隔欠損症の右脚ブロックは手術後、治ることがあるのですが、治らないで、そのまま残る場合もあります。心電図に異常があっても、心配はいらないものです。脚ブロックがあると、その分、QTも延長します。これもまた、心配のいらないものです。
手術後、体重が増えたとのことですが、心房中隔欠損は治っているのですから、影響はありません。ただ、最近、子供の肥満は成人病のもとであるとして、話題になっています。この意味では注意しなければならないでしょう。

2006年6月30日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い