家庭用心電計を上手に利用しよう

監修:小沢友紀雄(MJG心血管研究所所長)

はじめに

心臓病の検査には心電図検査が欠かせません。しかし、診断には異常(発作)が起きたときの心電図を記録することが重要なのですが、一過性のものや、たまに起きる発作の場合は病院の心電図検査でとらえることはできません。

そこで最近、普及し始めたのが携帯型の心電計です。いつも携帯していて、いつでも、どこでも、だれでも簡単に計測できる心電計は、異常が起きたときに素早く計測することができます。さらに、症状のでない不整脈を発見したり、スポーツの前や毎朝のチェックなど、予防のために活用することもできます。

ここでは、こうした誰でも使える携帯型の心電計を家庭用心電計とよんで、その上手な使い方について、わかりやすく解説いたします。

心臓にやさしい「ハートレシピ」 心臓にやさしい「ハートレシピ」
CLOSE
ご寄付のお願い