疾患別解説

疾患別の解説と過去の相談事例がご覧いただけます。

手術選択(置換弁についてなど)とは

  弁膜症の外科治療の代表的なものに弁形成術と弁置換術があります。

 弁形成術は弁を温存して、弁とその周囲の形を整え、機能を回復させる手術です。近年は技術の向上が著しく、僧帽弁閉鎖不全症では弁形成術が選択されることが多くなってきています。

 弁置換術は弁そのものを人工弁などに換える手術です。弁形成術に比べ、ウシやブタの心臓弁でつくられた生体弁では寿命が10~15年と限られることや、半永久的に使える機械弁では血栓ができやすいため抗凝固薬を一生飲み続けるといった制約があります。

 一部の僧帽弁狭窄症に対しては、カテーテル(細い管)を使い、患者さんの負担の少ない手術も行われています。この手術は足の静脈血管からカテーテルを入れ、僧帽弁の狭窄部をバルーン(風船)で広げる経皮的僧帽弁形成術(PTMC)と呼ばれています。

 大動脈弁膜症は弁が薄く小さいため、弁置換術を行う場合が多いのが現状です。近年、手術の難しい大動脈弁狭窄症にはカテーテルを使ったTAVIという治療も行われるようになりました。

 また、大動脈弁の弁置換術では、人工弁のほかに亡くなられた人から提供を受けた心臓弁(ホモグラフト)を移植することもあります。とくに感染性心内膜炎といった感染性の病気にはホモグラフトの移植が優れています。
 もう一つは、大動脈弁のところに自分の肺動脈弁(オートグラフト)を使い、取った肺動脈弁のところはホモグラフトに置換するといった手術も行われています。この利点は、とくに子どもの場合、重要な大動脈弁が自分の組織で置換されるため、からだの成長に伴って弁も成長することです。

妊娠と期外収縮、小学校の心電図検診でQS型といわれた、不整脈と弁膜症で心不全に、狭心症の疑いなど、日本心臓財団は7,500件以上のご相談にお答えしてきました。

高齢者の心臓病 高齢者の心臓病
CLOSE
ご寄付のお願い