疾患別解説

疾患別の解説と過去の相談事例がご覧いただけます。

漏斗胸と胸の痛み

33歳 男性
2003年5月 1日

12歳の頃、突然、心臓の痛みを覚えました。胸が痛むとき、浅い呼吸をすればそれほど痛くはないのですが、深く呼吸をするとかなり痛みます。息を吸う時に痛みがあります。本当にひどい時は呼吸が辛く、クシャミなどは恐くてできませんでした。脈は安静時でも90/分近くあります。

29歳の頃、初めて循環器系で受診をしました。エコー、心電図等を検査し、心臓自体に異常はないと言われました。また、脈が多いのは漏斗胸のため心臓が狭い部屋に閉じ込められているためだということでした。
しかし胸の痛みに関しては納得いく説明を受けていませんでした。

最近になって『漏斗胸』でネット検索してみましたら、その中で漏斗胸の人は一般的に肺活量が少ない、疲れやすい、などの体質になりやすいとあり、納得しました。そしてごくまれに心臓、肺に障害が発生する、また年とともに障害が発生するとあり、やはり、心臓に何か問題があるのか、漏斗胸と関係があるのか、という心配を持っています。
心臓は本当に大丈夫なのでしょうか。また、漏斗胸と関連あるとして、手術をすれば症状が一変しますでしょうか。

回答

漏斗胸では、心臓や肺が狭くなった胸郭に納まるために、これらの臓器の圧迫症状がでると思われがちです。たしかにそのようなことはないわけではありません。しかし、きわめてまれなことです。
漏斗胸というのは結合組織が弱いために起こってくる異常であり、漏斗胸の症状というのは、ほとんどが結合組織の脆弱性のために起こってくると説明されています。たとえば、弁の支持組織が弱いために弁の逸脱症状を生じることも知られています。胸の痛みや圧迫感、疲労感といった症状はこのために起こるといわれています。
これらの症状は時期的なものであり、加齢とともに消失してしまうものです。心配なさらないでよいのではないでしょうか。
手術することはありますが、これらの症状を軽減させるためではなく、美容上の理由から行われるものです。

この回答はお役に立ちましたか?

病気の症状には個人差があります。
あなたの病気のご相談もぜひお聞かせください。

心臓にやさしい「ハートレシピ」 心臓にやさしい「ハートレシピ」
CLOSE
ご寄付のお願い