疾患別解説

疾患別の解説と過去の相談事例がご覧いただけます。

成人の先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症など)とは

 成人の先天性心疾患とは、生まれつき心臓病(先天性心疾患)を持っている人が、成人になった場合のことをいいます。成人になって初めて症状が出てくる患者さんと、子どもの頃に手術を受けて経過観察を続けながら成人になった患者さんがいます。
 医学の発達によって、先天性心疾患の子どもの85%は思春期、成人期まで到達することができるようになり、子どもの時とは違った問題(就職、出産など)への対処や、不整脈などの症状が出てきた場合の治療など、先天性心疾患を踏まえた対策が必要となる場合があります。

妊娠と期外収縮、小学校の心電図検診でQS型といわれた、不整脈と弁膜症で心不全に、狭心症の疑いなど、日本心臓財団は7,500件以上のご相談にお答えしてきました。

心臓にやさしい「ハートレシピ」 心臓にやさしい「ハートレシピ」
CLOSE
ご寄付のお願い