12-1 急性・慢性心不全 | 疾患別解説 | 心臓病の知識 | 公益財団法人 日本心臓財団

日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心不全 > 急性・慢性心不全とは

疾患別解説

急性・慢性心不全 とは

心臓を養っている血管が詰まって血液が流れなくなり心筋が死んでしまう心筋梗塞や、突然発症した不整脈などによって急激にポンプの働きが弱まり短期間に悪化する場合が急性心不全です。
一方、心筋症、高血圧や弁膜症などが原因で長年にわたって心不全症状を認める場合を慢性心不全といいます。

よくあるご相談と回答

ご寄付のお願い