心臓病用語集

難しい医学用語や専門用語はこちらから内容をご確認いただけます。

チアノーゼ

ちあのーぜ

皮膚や粘膜が暗紫色になっている状態である。血液の色は血色素、ヘモグロビンの色である。動脈血では酸化ヘモグロビンであるので赤く、静脈血では還元ヘモグロビンになので暗紫色である。皮膚の色がチアノーゼを呈するのはその箇所の血液の還元ヘモグロビン濃度が高くなっていることを意味する。チアノーゼは全身的にみられる場合のほか、局所的にみられることもある。
114チアノーゼ.jpg
            <門間和夫先生提供> 
心臓にやさしい「ハートレシピ」 心臓にやさしい「ハートレシピ」
CLOSE
ご寄付のお願い