日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団刊行物 > 月刊心臓 > 次号予告

月刊心臓

月刊心臓 次号予告

ナンバー

2019年3月号 Vol.51 No.3

先天性心疾患の出生前診断

OpenHEART

『行く川のながれは…』

近森大志郎(東京医科大学 循環器内科学分野)

HEART's Selection

先天性心疾患の出生前診断
企画:住友直方(埼玉医科大学国際医療センター 小児心臓科)

1. 母体からみた胎児心疾患診断の重要性
吉田 純   桂木真司(榊原記念病院 産婦人科)
森崎裕子(同 臨床遺伝科)

2. 胎児心エコー法の基本
安河内 聰(長野県立こども病院 循環器センター)

3. 出生前心疾患診断の変遷
稲村 昇(近畿大学医学部 小児科学教室)

4. 出生前診断される先天性心疾患
松井彦郎(東京大学医学部 小児科)

HEART's Original

[臨床研究]
循環器疾患訴訟の争点別傾向と対策
山本実果ほか(浜松医科大学医学部 医学科)

[症例]
左冠動脈主幹部の急性心筋梗塞3症例の検討
海野響子(浜松医科大学 第三内科)

血中濃度測定により最終確認されたフレカイニドによるペーシング不全の1例
内藤和哉ほか(公立学校共済組合関東中央病院 心臓血管外科)

心房内血栓と鑑別が困難であったが,複数の栄養血管が確認され,左房後壁発生の粘液腫と診断された1例
望月大輔ほか(島根県立中央病院 心臓血管外科)

大動脈一尖弁3例の手術経験
山城理仁ほか(埼玉県立循環器・呼吸器病センター 心臓外科)

重複腎動脈を認めた腎血管性高血圧に対して経皮的腎動脈形成術を施行した1例
新村大輔ほか(横浜市立市民病院 循環器内科)

SOLO SMART ステントレス生体弁が有効であったAustrian syndromeの再手術の1例
木下 肇ほか(板橋中央総合病院 心臓血管外科)

大動脈弁狭窄症のためにマスクされていた潜在的僧帽弁前尖収縮期前方運動が術中顕在化し重症化した1例
三宅陽一郎ほか(高知県・高知市病院企業団立高知医療センター 心臓血管外科)

研究会

第37回 関東川崎病研究会

教室(医局)・病院(医院)賛助会員 ご加入のお願い

「心臓」特別号「弁膜症 大動脈弁狭窄と逆流」

「心臓」特別号「弁膜症 僧帽弁狭窄と逆流」

YouTube 日本心臓財団チャンネルにリンクします

ご寄付のお願い