日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団刊行物 > 月刊心臓 > 最新号目次

月刊心臓

月刊心臓 最新号

ナンバー

2022年9月号 Vol.54 No.9

循環器領域におけるデジタルヘルスの展望

企画意図はこちら(PDF)

OpenHEART

霊的存在としての循環器DX 

笹野哲郎(東京医科歯科大学 循環制御内科学)

HEART's Selection

座談会 循環器領域におけるデジタルヘルスの展望
企画・座長:田村 雄一(国際医療福祉大学/株式会社カルディオインテリジェンス/「心臓」編集委員)

出席者:五十音順
小川 晋平 先生(AMI株式会社)
後藤 信一 先生(Brigham and Women’s Hospital)
佐竹 晃太 先生(日本赤十字社医療センター/株式会社 CureApp)
谷口 達典 先生(大阪大学/株式会社 リモハブ)

HEART@Abroad

循環器内科医・心臓外科医の海外留学の実際 第33回
日尾野 誠(Harrington Heart and Vascular Institute/Division of Cardiac Surgery, University Hospitals Cleveland Medical Center/School of Medicine, Case Western Reserve University)

HEART's Up To Date

循環器医が知っておくべき最新のエビデンス
神谷健太郎(北里大学 医療衛生学部)

HEART’s Column

Authorが語る日本発のクリニカル・エビデンス:論文の解説と発表後の展望
Comparative Trends in Percutaneous Coronary Intervention in Japan and the
United States, 2013 to 2017
猪原 拓  香坂 俊(慶應義塾大学医学部 循環器内科)
天野哲也(愛知医科大学 内科学講座(循環器))

HEART's Original

[総説]
巨大陰性T波の発生機序と臨床的意義
外山淳治ほか(名古屋ハートセンター)
         
[臨床研究]
心原性院外心停止に対する体外循環式心肺蘇生(ECPR)において救急車からカテーテル治療室への直接搬送は有用か?
頭司良介ほか(大阪府三島救命救急センター)
         
[症例]
右肺動脈原発孤立性線維性腫瘍に対し右肺全摘および右肺動脈切除後、再発に対し肺動脈血管内治療を施行した1例
湯田健太郎ほか(一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院 心臓血管外科)
         
運動負荷201Tl心筋シンチにて内服治療効果を証明しえた運動誘発性冠攣縮性狭心症の1例
久保田義朗ほか(地方独立行政法人加古川市民病院機構 加古川中央市民病院 循環器内科)
         
多職種連携による個別化医療が再発防止に有用な継続支援に繋がった心不全の1例
永田麻美ほか(パナソニック健康保険組合 松下記念病院 患者支援連携センター 入退院支援室)
         
右心系感染性心内膜炎の精査中に未治療の心室中隔欠損症と2か所の穿孔を同定した高齢男性の1例
下山由希子ほか(淀川キリスト教病院 臨床研修センター)
         
Impellaが有効であった劇症型心筋炎の1例
大谷啓太ほか(徳島赤十字病院 教育研修推進センター)
         
心嚢液セルブロックの作製により診断し得た原発性滲出液リンパ腫様リンパ腫の1例
中矢雄一郎ほか(愛媛大学医学部附属病院 総合臨床研修センター)

教室(医局)・病院(医院)賛助会員 ご加入のお願い

「心臓」特別号「弁膜症 大動脈弁狭窄と逆流」

「心臓」特別号「弁膜症 僧帽弁狭窄と逆流」

YouTube 日本心臓財団チャンネルにリンクします

ご寄付のお願い