日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第9回日本心臓財団メディアワークショップ「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」 > 討議・質疑応答

メディアワークショップ

第9回日本心臓財団メディアワークショップ「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」

SASの治療における肥満の位置付け

山口(座長) SASと肥満の関係には多くの方が興味をお持ちだと思います。肥満がSASの原因ということは、肥満を改善すればSASも改善するのでしょうか。

成井 肥満が明らかに無呼吸の原因になっていると見受けられる患者さんの指導に関しては、診療のなかで常に「まずはやせましょう。運動をして、食事も制限しましょう」と言い、改善を促しています。一方で、CPAPを導入した結果、熟睡できるようになり、それをきっかけに「運動しよう」という気持ちになる患者さんも多いようです。この結果、体重が減少してCPAPの使用が必要なくなるケースもあります。

百村 重症のOSAは、それ自体が心血管系疾患の重大なリスクだと私は考えています。ですから、早期から治療を行うことで、心筋梗塞や脳卒中の発症を回避できる可能性も高くなると考えます。肥満のコントロールも並行して指導すべきですが、まずはCPAPでの治療を第一に行わなければならないと考えます。
 

CPAPの導入における患者指導上の問題点

苅尾 患者さんのなかには、CPAPの装着時に違和感を訴える方もいます。「無呼吸は夜の血圧の上昇につながるから、脳卒中の原因となります」などと説明してからCPAPを導入しても、なかなか継続しきれないケースが高齢者を中心に多く見られます。そうした場合には、無呼吸によって引き起こされる夜間血圧の上昇を薬物治療で抑えることも、大事な介入方法のひとつだと思います。

成井 CPAPを継続して使用してもらうためには、導入時の指導をきっちり行うことが大切だと思います。また、虎の門病院ではCPAPを使用している患者を集めて「グッドナイト・スリープ・クラブ」という会を結成し、情報交換を行っています。良質な睡眠をとって明日の活力につなげようという姿勢を共有し、励まし合いながらCPAPの使用を促すことが目的です。

百村 虎の門病院では、患者さんに対してCPAPの必要性を丁寧に説明しておられるほか、経験豊富なスタッフも多くいらっしゃるため、CPAPの使用を継続してもらうためのノウハウを豊富に有しているとお見受けします。患者さんへの教育の充実と医療提供側の熱意は大切ですね。

会場 気道の閉塞は仰臥位で寝ている時に起こるということですが、逆に伏臥位で寝ることでOSAは改善されるのでしょうか。寝る時の姿勢については、患者さんにどのように指導していますか。

成井 おっしゃるとおり、OSAは上を向いて寝る際に舌が重力で落ち込むことによって起こります。そのため、軽症や中等症のOSAの方は横臥位あるいは伏臥位で寝ることで確実に改善しますので、そうするよう指導しています。ただし、ずっと伏臥位で寝ることができるかといえば、それは難しいでしょう。ちなみに、CPAPを導入すればどのような姿勢でも気道閉塞を起こさずに自動的に呼吸できるようになります。
 

SASの治療が認知機能の改善につながる可能性が示唆

山口 苅尾先生のご発表でSASと認知機能との関連性が示されましたが、これは患者指導の観点からは大きなメッセージになると思います。もしSASの治療を行うことで認知症を防げることになるのならば、患者さんも治療に対してより積極的に取り組んでくれるようになると思います。この点についてはいかがでしょうか。

苅尾 介入試験を行い、SASの治療が認知機能を改善するかどうかを検討する必要があるでしょう。SASによる低酸素状態が脳神経細胞の減少をもたらし、認知機能の低下を引き起こしていると考えられるため、低酸素状態を改善することで認知機能が改善される可能性はあります。

山口 SASはまだその全貌が明らかになっていませんが、実は非常に身近な病気で、とくに循環器疾患には非常に密接に関わっているということがおわかりいただけたと思います。本日のワークショップを通じて、SASが交通事故だけでなく、もっと広い分野にわたる重要な疾患であるということをご認識いただけたら幸いです。


【目次】
開会挨拶・座長挨拶
「我が国のSASの実態」
「SASと高血圧」
「SASと心不全」
討議・質疑応答
ご寄付のお願い