日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心房粗細動、アブレーション治療とは > 心房粗細動、アブレーション治療 相談と回答 > 開業医から、ワーファリンを2錠以上は出せないといわれた

疾患別解説

開業医から、ワーファリンを2錠以上は出せないといわれた

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.5877

70歳、 男性: 心房細動

心房細動と診断され、病院でワーファリン3錠服用といわれました。近くの開業医さんに薬を出してもらうようようにと言われ、開業医に相談しましたところ、ワーファリンはたちの悪い薬だから2錠の服用にしますと言われ、そのようにしていました。
しかし、3ヵ月ほど前、再度病院で検査したら、ワーファリンは3.5錠?4錠が必要と言われました。開業医では、ワーファリンを2錠以上は出せないから、それ以上必要だったら他の開業に行きなさいとのことですが、どうしたらいいのでしょうか。
なお、現在ワーファリンの他、ワソランとタンボコールを服用していますが、不整脈や動悸が頻繁に起こります。ワソラン、タンボコールの服用量はこれでよいのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

ワーファリンは定期的に効果をチェックしながら、服用する薬です。その血液凝固抑制作用が十分に発揮されていることを確認しながら、使います。この抑制作用が十分でないと無効ですし、作用が過度になると、出血し易くなります。このような煩わしさのために、開業医の中には、この薬の使用を嫌う方がいます。とくに、大きい量の服薬が必要という場合には、出血したときの責任を問われることを嫌って、敬遠されます。しかしながら、無効とわかっている量の服薬を続けることは好ましくないことです。どうしたらよいか、病院の担当医に相談なさってみてください。
なお、薬については、ワソランは心房細動中の心拍数を抑制する目的で使います。タンボコールは心房細動が一過性で、平素は正常なリズムが維持されているときに、心房細動を予防する目的で使用します。

2008年8月22日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い