日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第2回 「心筋梗塞は予知できるか」 > 開会挨拶

メディアワークショップ

第2回 「心筋梗塞は予知できるか」

sugimoto.jpg

私ども日本心臓財団は、心血管病制圧を目的として、一般市民の方々の啓発活動を30数年続けております。この活動にあたり、メディアの方々のお力をお借りするのが捷径ではないかという意見が、財団内であがりました。さっそく新聞社の編集担当の方々にご賛同を得まして、企画会議で検討しました結果、昨年8月に第1回メディアワークショップを開催することができました。テーマは「アブラと動脈硬化をEBMから検証する」でした。当日は大変聞きがいのあるご講演となり、会場との質疑応答も非常に熱の入ったものとなりました。
第1回メディアワークショップではアンケートも実施し、これを基に本日の第2回のテーマ「心筋梗塞は予知できるか」を決めさせていただきました。本日ご講演される三人の先生方は、それぞれの分野でご活躍の第一線の方々であり、座長の山口先生は私ども日本心臓財団の理事を務められる一方、来年、横浜で開かれる日本循環器学会総会・学術集会の会長をご担当されるご予定です。
なお、先程の企画会議では、メディアワークショップ以外にも、毎年行なわれている学術集会を、報道関係者や医療ジャーナリストの方々に公開してはどうかというご意見をいただきました。これを受けて、昨年9月に行われました日本心臓病学会では、学会開始前と学会会期中に記者会見を実施いたしました。これは、学術発表者が学会の目玉についてメディアの方々に解説するもので、これからも、学会の定例行事になるであろうと思います。
メディアの方々には今後もメディアワークショップ等にご参加いただき、一般市民に対する啓発活動という形で、私ども日本心臓財団の事業に是非お力を貸していただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
 

【目次】

開会挨拶
「臨床症状からみる急性心筋梗塞の予知/不安定狭心症からの対策」高山 守正 氏
「hs-CRPなどの炎症マーカーを利用した心筋梗塞の予知」川名 正敏 氏
「心筋梗塞は予知できるか?マルチスライスCTによる検討?」佐藤 裕一 氏
質疑応答
ご寄付のお願い