日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第16回「突然死や寝たきりを防ぐために…」~最新の動脈硬化性疾患予防ガイドラインから~ > 開会挨拶

メディアワークショップ

第16回「突然死や寝たきりを防ぐために…」~最新の動脈硬化性疾患予防ガイドラインから~

2013年2月22日、日本心臓財団によるメディアワークショップが行われた。日本心臓財団は、一般市民の方々への循環器疾患の予防や治療に関する啓発活動を大きな柱の一つとしている。より多くの市民の方々に正しい医療情報を伝えるためには、メディアの方々の協力が重要であると考え、メディアの方々を対象とした本ワークショップを定期的に開催してきた。

16回目となる今回のテーマは、「突然死や寝たきりを防ぐために…~最新の動脈硬化性疾患予防ガイドラインから~」。2012年に『動脈硬化性疾患予防ガイドライン』が5年ぶりに改訂された。開会挨拶に立った矢﨑氏は、動脈硬化性疾患について、「非常に普遍的な疾患でありながら、患者の生活の質(QOL)、あるいは生命予後に非常に大きく影響し、わが国での死因の3割近くを占めている」とし、動脈硬化性疾患予防対策の進展の重要性に言及。最後に、「本日は、ガイドライン2012年版の改訂のポイントと、ガイドラインに基づいた薬物療法について、横手先生、山崎先生にご講演いただくので、ぜひ知識を深めて正しい医療情報の発信に活用していただきたい」と述べ、ワークショップを開始した。

【目次】
ご寄付のお願い