日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > その他(バイパス手術、PCI、ステントなど)とは > その他(バイパス手術、PCI、ステントなど) 相談と回答 > ステント治療の費用

疾患別解説

ステント治療の費用

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6505

男性: 狭心症

冠動脈に狭窄が発見され、もしかしたら、ステント挿入する必要が有るかもしれないと言われました。費用が心配なのですが、一般的に冠動脈にステントを挿入する処置を行った場合、どの程度の自己負担額になるのでしょうか。概算で良いので教えてください。
現在、健康保険負担率は三割負担です。

日本心臓財団からの回答

冠動脈形成術の費用はそれぞれのケースでかなり費用に差があります。ステントをはじめとした医療材料が高額であることが大きな理由です。3割負担にしますと、少なくて30?40万円、ステントの数が多い場合にはその数倍になります。
しかし、保険診療の場合には控除の制度(高額療養費)がありますので、個人の方が払われるのは月々の控除額の上限となります。収入により控除額は異なりますが、一般的には平均的な収入の方で月8万100円を上限に控除されます。一旦払いすぎた分は後日還付されます。はじめから病院が還付の手続きをしていれば控除額のみの支払いで済んでおります。
安心して治療を受けられることをお勧めいたします。

2009年12月11日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い