日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第15回「眠りとは?睡眠と循環器疾患」〜こわいのは睡眠時無呼吸だけではない〜 > 開会挨拶

メディアワークショップ

第15回「眠りとは?睡眠と循環器疾患」〜こわいのは睡眠時無呼吸だけではない〜

2012年3月9日、日本心臓財団によるメディアワークショップが行われた。本年で15回目となる今回のテーマは「眠りとは?睡眠と循環器疾患~こわいのは睡眠時無呼吸だけではない~」。近年、睡眠障害は、不眠症、うつ病から循環器疾患、メタボリック・シンドロームなどまで、幅広い疾患に関わっていることが解明されつつある。開会にあたり挨拶に立った山口氏は、今回のテーマについて、「睡眠障害の治療は、睡眠の質やQOLを改善するだけでなく、さまざまな疾患の治療や予防につながる」と睡眠障害治療の重要性を指摘した。また、「本日は、睡眠医療を精神科医として研究されている井上先生と、循環器内科医として研究されている塩見先生に講演いただくので、睡眠と循環器疾患の関連について理解を深めていただきたい」と述べ、ワークショップを開始した。


【目次】

開会挨拶
「睡眠のメカニズムと病態」井上 雄一 氏
「眠りと循環器疾患」塩見 利明 氏
質疑応答
ご寄付のお願い