日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 高齢者の心不全 > 心不全の薬物治療

高齢者の心不全

心不全の薬物治療

薬物治療(薬による治療)は、心不全治療の基本となるものです。心不全の薬物治療の目的は大きく分けて二つあります。第一に、息切れなどの症状を改善し生活の質(QOL)をよくすること、第二に、予後の改善、つまり心不全が悪くなって入院することを防ぎ、死亡率も下げる、つまり、長生きできるようにすることで、それぞれの目的に適した薬を使う必要があります。

第一の目的に最も適した薬は、利尿薬です。心不全になるとレニン・アンジオテンシン、アルドステロンなどのホルモンが多く分泌されて、体に水分とナトリウムが溜まる結果、血液のうっ滞が起こり、息切れやむくみといった症状が現れます。利尿薬は体に溜まった水分やナトリウムを尿に出すことによって、うっ血を改善し、心不全の症状を軽くします。

第二の目的に用いられる薬剤としては、左室の収縮機能の低下が原因で起きる「収縮不全」では、①アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、ACE阻害薬が副作用などで使えない場合はアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)、②交感神経の緊張を抑えるベータ(β)遮断薬、③アルドステロン拮抗薬、があります。これらの薬剤は、大規模臨床試験によって収縮不全の患者さんの寿命を延ばすことが知られています。これらの薬は心不全の症状がなくても、心臓の機能が低下していることが分かった段階から始めたほうがよいと考えられます。

一方、左室の収縮機能の保持された「拡張不全」については、上記のように明らかに寿命を延ばすことが確認された薬は、現在のところ残念ながら存在しません。心不全の症状をとるためには、収縮不全と同様、利尿薬が有効であることに加えて、拡張不全の患者さんでは、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドローム、心房細動などを合併していることが多いため、それらの治療をしっかり行うことも重要です。また、高齢者では、薬をきちんと飲めない方や生活習慣の注意をまもれない方も多くなりますので、家族がこれらについてのサポートをする必要も出てきます。

もう一つ、知っておいていただきたいのが、心不全以外の病気の治療に使われる薬が、心不全を悪化させることがあるということです。たとえば、鎮痛剤や消炎剤は腎臓の機能を落とし、体に水分が溜まりやすくします。そうなると心不全の悪化を助長する可能性がありますので、使用は必要最小限にすべきです。また、不整脈の薬やカルシウム拮抗薬の一部は、心臓の働きを弱め、心不全を悪化させる危険性があるといわれています。漢方薬のなかでは、甘草を含むものは、鎮痛剤・消炎剤と同様の理由で注意が必要です。循環器以外の診療科から薬が処方されている場合は、どんな薬を飲んでいるのか、循環器の先生に知っておいてもらう必要があります(図19)

図19:心不全の薬物療法

図19:心不全の薬物療法

ご寄付のお願い