日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心電図とは > 心電図 相談と回答 > 左脚前肢ヘミブロックとは

疾患別解説

左脚前肢ヘミブロックとは

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6589

26歳、 男性: 左脚前肢ヘミブロック

以前、動悸がしたので病院で心電図検査をしてもらったら、左脚前肢ヘミブロックと言われました。これはどういった症状でしょうか。またこれは治るのでしょうか。以前、高校での健診で左軸変位と言われたことがあります。

日本心臓財団からの回答

左軸変位は心臓の電気軸が左上に向かった状態をいいます。
これがみられるのは、第一に肥満などで、心臓が左に押し上げられているとき。
第二に心臓の興奮の仕方が少し変わっていて、左上の部分の興奮が遅れるとき。
第三に左室肥大などがあって、肥大部分の興奮が遅れるとき。という3つの場合があります。
左脚前枝ヘミブロックというのは、この第二の場合をいいます。この部分の興奮が遅れているというだけのことであり、別に病気ではありません。つまり、以前からいわれている左軸変位のことであり、それを別の言葉で言い換えただけのことです。

2010年2月15日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い