日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心電図とは > 心電図 相談と回答 > 貧血とST-T異常

疾患別解説

貧血とST-T異常

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.2942J

34歳、 女性: ST-T異常

先月の人間ドックで、心電図検査で安静時は正常範囲だったのですが、運動負荷心電図で軽いST-T異常という結果でした。胸痛などの症状があれば、精密検査を受けてくださいとのことでした。
以前より貧血治療している内科で、この人間ドック結果を診ていただいたのですが、女性によくことなので、あまり心配しなくていいのでは?といわれました。心配なら、1ヶ月後に心電図をとってみましょうとのこと。

最近、疲れたときなどに胸がドキンドキンするようなことがあります。これもST-T異常と関係があるのでしょうか?
また、今回の人間ドックでは、悪玉コレステロールの値が少し高いとの指摘もあり、適度な運動を勧められましたが、ST-T異常で運動をしてもいいのでしょうか?

日本心臓財団からの回答

ST-T異常とは一般的には、心臓を栄養する血流が十分ではない状態をいいます。
しかし、軽度なST-T異常は中年(36歳というのはまだ若いのですが)の女性にはよくみられ、貧血や子宮筋腫などのある人にもみられます。食事の影響も受け易く、食事直後に心電図をとったりするとST-T異常がみられることがあります。このようなST-T異常は見かけ上のST-T異常といいます。そんなわけですので、気になさることはないでしょう。ドキン、ドキンとするのは期外収縮性の不整脈のためでしょう。誰にでもよくあることであり、このこととST-T異常は関係がありません。

2004年10月27日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

YouTube 日本心臓財団チャンネルにリンクします

ご寄付のお願い