日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 中学生の健診で心室内伝導障害と書かれていた

疾患別解説

中学生の健診で心室内伝導障害と書かれていた

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6715

12歳、 女性: 心室内伝導障害

中学生になり心電図検査をした結果、再検査となりました。QRS時間幅が121となり、心室内伝導障害と書かれています。洞徐脈とも書かれていました。
再検査を要されましたが、重篤な心臓病でしょうか。
毎日3時間程度の強度の運動をしていますが、持続していても大丈夫でしょうか。

日本心臓財団からの回答

心電図上のQRS間隔が120ミリセカンド以上の場合を心室内伝導障害といいます。これには右脚ブロックというような健康な人にもしばしばみられるありきたりの異常の場合もあります。どういうタイプの伝導障害なのか、再検査しておく必要はありますが、ギリギリの数字でもあり、心配なさることはないでしょう。スポーツには差し支えないでしょう。洞徐脈とも書いてあったいうのは、スポーツをなさっているためと思います。スポーツマンにはよくみられる現象です。

2010年5月24日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い