日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 胸が詰まって息苦しく、手足がしびれる

疾患別解説

胸が詰まって息苦しく、手足がしびれる

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3364S

26歳、 女性: 不整脈

不整脈が起きることから、病院を受診しました。ホルター心電図の結果では、回数は多いが問題ない不整脈なので、気にする必要はないとのことでした。
しかし最近、不整脈になる回数は減って来たのですが、胸が詰まった感じがして息苦しくなることがあります。ひどい時は息が出来なくなり、胸が痛くなり手足がしびれたりします。しばらく、横になっていると治ります。
診ていただいている医師に状態が上手く話せていたいみたいで、明確な原因と対処方法を教えてもらえない状態なのですが、医師に何を伝え何を検査してもらえばよいのでしょうか?

日本心臓財団からの回答

症状からすると、単なる不整脈ではなくて、過呼吸症候群があるのではないかと思います。この症候群は何かのはずみで呼吸が速くなり、動悸がしてきて、血液の炭酸ガス濃度が下がるために、血液のアルカリ性が高まり、手足が痺れてくるという状態になることをいいます。仕事や日常生活の中で、悩みやストレスがあるときに起こり易くなります。交感神経ベータ遮断薬が奏効することがあります。この回答を持参なさって、担当医に相談なさってください。

2005年6月26日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い