日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 徐脈、洞不全症候群、房室ブロック、ペースメーカとは > 徐脈、洞不全症候群、房室ブロック、ペースメーカ 相談と回答 > 健診でII度房室ブロックと診断された

疾患別解説

健診でII度房室ブロックと診断された

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.2234S

28歳、 男性: 房室ブロック

健康診断でII度房室ブロックと診断され、ホルター心電図でも2、3秒心臓が止まっているといわれて、大学病院に行きました。
大学病院で心電図・エコー・レントゲン・トレッドミル検査をしましたが、どれも異常がありませんでした。II度房室ブロックはあるけど、若い人によくあると言われました。胸も痛いので心配なのですが、ストレスや疲れからでしょうと言われました。

心臓なのでとても不安なのですが、本当に平気なのでしょうか?本当にストレスから胸痛がおこるのでしょうか?

日本心臓財団からの回答

房室ブロックは確かに時々みられるものですが、性状は人によって違います。他の検査で異常がないとのことですから基礎に心臓疾患はないのでしょうが、特に停止時間が長いときは注意が必要です。
今後変化があるかどうか経過をみて行く方がいいと思います。これが原因で痛みが起こるのはまれであり、また心臓の検査は受けておられるそうですから、むしろ他の原因を考えた方がいいかもしれません。ストレスだけで痛くなることは少ないと思いますが、いわゆる心臓神経症という場合もあります。どのような時刻、条件で、どこに痛みが起こり、どれくらい続くかなどに注意して下さい。場合によりホルター心電図で、その時刻の変化をみるなどで分かってくることもあります。

2003年10月21日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い