日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > た行 > WPW症候群

心臓病用語集

心臓病用語集

WPW症候群 だぶりゅーぴーだぶりゅーしょうこうぐん
正常な電気的刺激の伝導路以外に先天的な副伝導路が存在する状態をいう。ウルフ・パーキンソン・ホワイト(Wolff・Parkinson・White)症候群の略である。先天的な異常として、心房と心室の間に副伝導路といわれる伝導路があり、心室興奮がこれと正常な房室伝導路を経由する興奮と同時に起っているとき、心電図波形は特異的なパターンを示す。房室伝導路と副伝導路とを興奮が旋回するときには頻拍発作が起る。
112WPW症候群.JPG
<WPW症候群:名古屋大学循環器内科提供>   
ご寄付のお願い