日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > か行 > 起立性低血圧症

心臓病用語集

心臓病用語集

起立性低血圧症 きりつせいていけつあつしょう
起立したときに、血管収縮反応が十分でなく、血圧が低下して、立ちくらみ、失神にいたる状態をいう。立ち上がった時に収縮期血圧(最高血圧)が20mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)が10mmHg以上低下し、「ふらっと」する状態をいう。
ご寄付のお願い