日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > か行 > カテーテルアブレーション

心臓病用語集

心臓病用語集

カテーテルアブレーション かてーてるあぶれーしょん
カテーテルと呼ばれる細い管を血管内を通して心臓の内腔まで送り込み、不整脈を起こしている心筋の異常部位を高周波電流で灼き切る治療。頻脈性不整脈において心拍数が過度に増加し、動悸や胸部不快感、失神にまで至る場合、薬物治療で効果がみられないときには、カテーテルアブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)治療を行なう。対象となる不整脈には、WPW症候群房室結節回帰性頻拍、心房頻拍、心房細動心房粗動心室性期外収縮心室頻拍などがある。
ご寄付のお願い