日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > は行 > バチ状指

心臓病用語集

心臓病用語集

バチ状指 ばちじょうゆび
指先が太鼓のバチのように丸く膨らんでいる状態。指先に血流のうっ滞があるとき、局所の栄養状態がよくなって組織が増殖、肥厚し、これが太鼓バチ状になった場合である。チアノーゼを伴う先天性心疾患でよくみられる。チアノーゼは栄養分に富む還元ヘモグロビンが多い血液を意味するからである。肺癌などの場合にもみられる。
143バチ状指.jpg
<川田志明先生提供> 
ご寄付のお願い