日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > は行 > β遮断薬(べータブロッカー)

心臓病用語集

心臓病用語集

β遮断薬(べータブロッカー) べーたしゃだんやく
交感神経にはα作用とβ作用とがある。α作用は血管収縮性に働き、β作用は心拍促進性、収縮亢進性に働く。したがって、β遮断薬は心拍数を少なくし、心臓収縮性を弱める。不整脈や高血圧の治療に用いられる。ただし、β作用は気管支拡張性であるので、その遮断薬は気管支喘息を悪化させる。
ご寄付のお願い