日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > あ行 > ANP

心臓病用語集

心臓病用語集

ANP えーえぬぴー
ANP, atrial natriuretic peptidesは心房性ナトリウム利尿ペプチドの略である。主に心房から分泌されるホルモンで、体液量や血圧調整に重要な役割を持つ。心房筋由来のポリペプチドであり、心房筋の過剰な伸展に際して分泌される強力な利尿ホルモンである。この血中濃度の測定は心不全重症度の化学的指標となっており、注射薬は心不全治療のために用いられている。

ANP岸本先生.jpg
<岸本一郎先生提供:ANP遺伝子のin situ hybridizationで、その発現が胎生期から心臓に多いこと、また心臓に限局していること、が見て取れます。>

ご寄付のお願い