日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 川崎病とは > 川崎病 相談と回答 > 川崎病罹患後、完全房室ブロックと診断された

疾患別解説

川崎病罹患後、完全房室ブロックと診断された

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.4687

5歳、 男性: 完全房室ブロック

5歳の子どもについて相談いたします。
去年の春頃、川崎病にかかり、今月の検査で不整脈がみられ、検査した結果、完全房室ブロックと診断されました。心拍数が平常時で30、行動しても70くらいにしか上がってきません。早急にペースメーカをつけたほうが良いといわれましたが、今後回復することはないのでしょうか。
5歳でも心拍数が30くらいならペースメーカを入れるのが一般的なのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

完全房室ブロックは川崎病によるのですか、それとも先天性ですか、川崎病急性期にはなかったのですか。
川崎病の急性期になくて、その後に生じたなら、心筋炎によるものでしょうから、回復する可能性はあります。
川崎病になる前からブロックがあったなら先天性であり、回復する可能性はほとんどありません。
川崎病で完全房室ブロックを生じることは稀です。
心拍数が30ですと、ペースメーカをいれたほうが安全でしょう。

2007年1月22日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い