日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 川崎病とは > 川崎病 相談と回答 > 発病後の再発率、生活習慣病になる確率は?

疾患別解説

発病後の再発率、生活習慣病になる確率は?

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.:3983

1歳4ヵ月、 男性: 川崎病

1歳の子どもが2ヵ月前、川崎病を発症しました。3日間発熱があり、5日目で発疹・口唇紅潮などの症状は消えました。17日間入院しました。
先生は、1歳代の罹患の場合、再発率は3%より高いと言っていましたが、今後の再発率や生活習慣病になる確率、注意点などありましたら教えてください。
遺伝的要因もあるようなことを言われたので、二人目の子どもを作ることを躊躇しています。また、地域によって流行があるとも言っていましたが、流行っている地域の情報は知ることはできないのでしょうか。
子どもは病状の進行が早いので、もし青くなって吐いたら、来てくださいと言われたのですが、心臓エコーの検査までの期間がとても心配ですので、もっと期間を縮めてエコー検査をしなくていいのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

川崎病の再発は稀で、3%以下でしょう。地域差はさほどはっきりしません。遺伝性ははっきりしません。原因は不明です。
エコー検査は今まで正常の場合は数カ月おきで良いです。
生活習慣病になる確率は川崎病をしていない人よりやや高いか、といわれていますが、証明されていません。

2006年3月 5日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い