日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 高血圧・低血圧とは > 高血圧・低血圧 相談と回答 > 逆白衣高血圧

疾患別解説

逆白衣高血圧

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6010

88歳、 男性: 高血圧

不思議なことに 自宅の血圧が朝160 /85前後、夜140/80前後なのに、病院では午後3時に先生が測ると、125 /70前後なのです。白衣高血圧の逆です。問題がありますでしょうか。
血圧計は新しいもので壊れていません。入浴後は130 /70前後でした。

日本心臓財団からの回答

診察室で測る血圧が家庭血圧よりも低い場合を逆白衣高血圧といいます。
白衣高血圧は一割くらいの患者さんにみられます。
血圧の影響の大きさは、血圧の高さとその持続時間によって左右されます。
白衣高血圧では、診察室にいる間だけの高血圧ですから、影響は小さいのですが、逆白衣高血圧では、家庭血圧の高さとその持続時間が問題になります。あなたさまの場合は午後から夕方にかけて血圧は下がっているようなので、多分、就眠中も下がっていると思われます。これならば問題にはなりません。
また、ご高齢の方では、血圧はあまり下げすぎないように注意しなければなりません。
現状がよろしいのではないでしょうか。

2009年2月17日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い