日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心筋梗塞とは > 心筋梗塞 相談と回答 > カテーテル手術後、ワーファリンをいつまで飲み続けるか

疾患別解説

カテーテル手術後、ワーファリンをいつまで飲み続けるか

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6772

34歳、 女性: 心筋梗塞治療後

昨年秋に急性心筋梗塞でカテーテル手術を受けました。それ以来、バイアスピリン、ワーファリンのほか、アムロジン、ブロプレス、クレストールを処方されています。
まもなく結婚することになりますが、ワーファリンのことを調べるといろいろ不安です。いつ頃まで飲み続けるのか、出産に影響があるのかどうか、教えてください。

日本心臓財団からの回答

1)心筋梗塞の場合に、カテーテルで冠動脈を拡張すると、血管内皮を傷つけるので、ここに血小板が凝集して血管内腔を再度、閉塞することがあります。このため、これを防止することを目的として、血小板凝集を抑制するバイアスピリンを用います。一方、ワーファリンは血栓形成を予防するために服用する薬です。したがって、ワーファリンは無意味ではありませんが、必ずしも、必要な薬ではありません。
2)女性であり、子供をほしいとお考えのようです。それならば、この場合には、ワーファリンは勧められません。ワーファリンの胎児への影響が否定できませんし、出産時の大出血の危険もあるからです。これについては、担当医によくご相談になってください。

2010年7月12日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い