日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 血液検査(BNP、NT-proBNP、ANP、CRPなど)とは > 血液検査(BNP、NT-proBNP、ANP、CRPなど) 相談と回答 > BNPが高値で心配

疾患別解説

BNPが高値で心配

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.7037

85歳、 男性: 狭心症

BNP値が最近高いので心配です。150から高いときには250を超えています。狭心症は1年前にバルーン処置で良好です。心臓のエコー検査、レントゲンによる肥大検査、血液検査など異常なしということでした。原因はなんでしょうか
日本心臓財団からの回答
BNPは心臓ホルモンといわれます。数値は心房の圧を反映します。心臓が血液をくみ出す力が低下してうっ血を生じたり、体に水分が貯留したりしたときには、心房圧が高くなって、BNPが上昇します。心不全、つまり心臓の働きが低下したときには上昇しますが、心房圧は心不全がなくても、高血圧、不整脈があると高くなります。つまり、このような場合にも、BNP値は上昇します。また、高齢者では腎機能が低下していたり水分貯留がよくみられるので、このためということもありましょう。心臓症状がなければ、心配なさることはないのではないでしょうか。

2011年2月 4日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い