日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 急性・慢性心不全とは > 急性・慢性心不全 相談と回答 > 浮腫、胸水がある

疾患別解説

浮腫、胸水がある

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.2965J

74歳、 男性: 虚血性心疾患

74歳の父は、5ヶ月前に心臓と足に血管を拡げるためのステントを入れました。糖尿病の合併症もあり、入退院を繰り返しています。

先日の定期検査で、即入院となりました。今回は、両足のむくみがひどいのと、胸部のエコー検査で水が貯まっているとのことでした。

原因と治療法について、教えて下さい。

日本心臓財団からの回答

心不全には右心不全と左心不全とがあります。浮腫と胸水は右心不全のときにしばしばみられます。高齢者や糖尿病がある方、血管拡張治療を必要とするような虚血性心疾患がある方には心室の拡張性が損なわれることによる右心不全がよくみられます。治療法は主として、安静、食事中の塩分制限であり、薬としては利尿薬を用います。

2004年11月 7日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い