日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 眠りそうになると息苦しくて目が覚める

疾患別解説

眠りそうになると息苦しくて目が覚める

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6876

18歳、 女性:

最近、眠りそうになると、息苦しくなって目が覚めてしまいます。眠れても、目が覚めてくると息苦しくなります。
ネットのほかの掲示板で質問してみたら、心臓に異常があるのでは?と言われました。
それから、たまに座っている時に下にひっぱられる感覚がするのですが、これはなんなのでしょうか。
このまま放置していて大丈夫でしょうか。

日本心臓財団からの回答

1)心臓に異常があって、息苦しくなるという場合には、まず、息苦しさは走ったり、坂道を歩いたり、動いたりしたときに起こります。安静にしていると落ち着くのが特徴です。この時期を過ぎて、進行すると、体を横にするのが苦しくなるようになります。おっしゃるようなときに起こる息苦しさは心臓の異常というよりは、神経が過敏になっている状態を意味しているものと思われます。
2)体には重力がかかっていて、下方に引っ張られているわけですが、普通、これを自覚することはありません。しかし、力を抜いて、座っているなどして、脱力状態となり、体が無防備になったときには、これを感じることがあります。つまり、正常な反応なのです。
つまり、心配のあるものではないことをおわかりいただけたでしょうか。

2010年10月 9日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い