日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 脈拍数が40と異常に少ない

疾患別解説

脈拍数が40と異常に少ない

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3621

21歳、 女性:

娘が就職前検診で、「脈拍数が異常に少ない。ただし若いうちは大丈夫でしょう」と言われ家族で悩んでいます。検査時の脈拍数は40とのこと。

1)念のために精密検査を受けさせたほうがよいでしょうか
2)生活で気をつけたほうがよいことはありますでしょうか
3)高齢になって注意をすることはありますでしょうか

私の見るところ、大学ではバレーボールの試合にフル出場し、元気によく動いており、特に問題はないように思えます。胃腸が弱いですが、これまで風邪と胃腸以外にはあまり病気をせず丈夫であろうとも思っております。

日本心臓財団からの回答

バレーボールの選手ならば、脈拍数は少なくなります。一般的にスポーツマンは脈が少なく、スポーツマン・ハートといいます。平素は脈は少なく、運動すると必要、かつ十分に、脈が増えるのが特徴です。運動をしない人で、脈が少ないときには、洞不全症候群という病気を考えます。この場合には、運動しても脈が増えず、めまいがしたり、立ちくらみがあったりします。スポーツする人であれば、気になさることはないでしょう。

2005年10月22日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

YouTube 日本心臓財団チャンネルにリンクします

ご寄付のお願い