日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > ため息症候群

疾患別解説

ため息症候群

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3503

42歳、 女性: 呼吸困難

ほとんど毎日、呼吸がしにくいと感じています。のどにもいつも空気が詰まっているみたいな感じです。
大きく息を吸うと、その時だけ楽になります。寝ている時とか、何かに夢中になっている時は大丈夫です。

2度ほど病院で検査をしてもらいましたが、異常なしと言われました。最後には精神科に行ってみては?と言われました。

呼吸がしにくく、毎日憂鬱になるので、治るものなら治したいのですが、原因がわからないので困っています。

今年の1月に出産をしたのですが、その後症状がなく、治ったかと思っていたら、また、5月頃より同じ症状が出始めました。
だんだんひどくなると言うことはないのですが、ほとんど毎日、呼吸がしにくいので、大きく息をしてばかりです。

日本心臓財団からの回答

症状の上から、そして特に、大きく息を吸うと楽になるという点から、心臓神経症と思われます。大きく息を吸うことを、ため息症候群といいます。ため息をするのが特徴なのです。子供さんのことで、少し過労状態にあるのではないでしょうか。交感神経ベータ遮断薬を使うと楽になることがあります。この返事を持参して、担当医にご相談になってください。

2005年9月10日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い