日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心室細動、ICD、突然死とは > 心室細動、ICD、突然死 相談と回答 > 心臓が動き出したのに気づかず、胸骨圧迫を続けたら

疾患別解説

心臓が動き出したのに気づかず、胸骨圧迫を続けたら

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6538

男性、

先日、ある団体が主催する心臓蘇生の実習研修に参加しましたが、その際にしそびれた質問があります。それは、心臓圧迫を行っているうちに心臓が動きだしたとして、それに気づかずに心臓圧迫を続けた場合(たとえ数回でも)、せっかく動き出した心臓を止めたり、血液を逆流させたりすることはないでしょうか。

日本心臓財団からの回答

心臓がもとの動きを取り戻した場合も含め、心臓が動いている状態の時に胸骨圧迫を行っても、ご指摘のような悪影響はないとされています。
実際、心臓がいつ動き出したのか、正確に判断することは不可能です。
倒れている方が、動き出したり、息をしはじめるまで、胸骨圧迫を続けてください。

2010年1月13日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い