日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 徐脈、洞不全症候群、房室ブロック、ペースメーカとは > 徐脈、洞不全症候群、房室ブロック、ペースメーカ 相談と回答 > 小学校6年生でのペースメーカ植込み

疾患別解説

小学校6年生でのペースメーカ植込み

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.7337

13、 女性: 洞不全症候群

子どもが以前から洞不全症候群といわれており、経過観察中でしたが、先月、一度意識をなくし、医師からペースメーカ手術を勧められました。
子どもの気持ちの整理がつかず、すぐに手術をしなければいけないのでしょうか。同年代で同じような人の話を聞くような場はありますでしょうか。
私自身も数年前、ペースメーカ手術をしましたが、子どもにどのように説明したらよいか、わかりません。
日本心臓財団からの回答
1.意識消失発作があり、お父様も同じ病気があったということであれば、ペースメーカ植込みの適応になります。小学校6年生であれば、成人に対するのと同じ説明で、よく理解されると思います。
2.ペースメーカについて、同年代の患者さんの話を聞けないか、というご質問ですが、ペースメーカ友の会という患者さんの団体があり、機関誌を刊行しています。連絡先を添えますので、ご相談になってみてください。

 日本心臓ペースメーカー友の会
 http://homepage3.nifty.com/pm-tomonokai/
 事務局 電話&FAX 03-3420-1200  毎週 月・水・金(10:00~17:00)

2011年10月27日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い