日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > AEDで助かる命 > 心室細動とはどんな不整脈ですか?

AEDで助かる命 そこにAEDがあれば、そこに助けようとする人がいれば、助かる命があります。

心室細動とはどんな不整脈ですか?

人が倒れて意識を失った場合、心臓が心室細動という不整脈を起こしている可能性があります。心臓を動かしている電気系統(心臓の筋肉の一部から発信された微量の電気が伝わるしくみ)が何らかの原因で混乱すると、リズミカルな収縮が行えなくなります(不整脈)。その不整脈の中でも、とくに心臓の血液を全身に送り出す場所(心室)がブルブル震えて(細動)、血液を送り出せなくなった状態(心停止状態)を心室細動とよびます。この心室細動が起こると、脳や腎臓、肝臓など重要な臓器にも血液が行かなくなり、やがて心臓が完全に停止して死亡してしまう、とても危険な状態です。心臓が原因の突然死の多くは、この心室細動を起こしています。

メッセージビデオ あなたにしか救えない大切な命

AEDの普及状況

AEDに関するリンク集

AEDの設置基準の提言

提言「学校での心臓突然死ゼロを目指して」日本循環器学会AED検討委員会

PUSHプロジェクト

減らせ突然死AEDプロジェクト

AEDサスペンスドラマゲーム 心止村湯けむり事件簿
AED・心臓マッサージを楽しく学べるサスペンスゲーム(日本循環器学会)

AEDと心肺蘇生普及基金

ご寄付のお願い