日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > AEDで助かる命 > 心臓マッサージはどのようにするのですか?

AEDで助かる命 そこにAEDがあれば、そこに助けようとする人がいれば、助かる命があります。

心臓マッサージはどのようにするのですか?

心臓マッサージは、動かない心臓に代わって全身の臓器に血液を送り込み、臓器が酸素不足で働かなくなってしまうのを防ぐ重要な救命方法です。倒れている人の胸の真ん中に手のかかとの部分を重ねてのせ、肘を伸ばしたまま真上から強く(胸が約5センチ程度沈むまで)押してください。押した後には瞬時にその力を緩めますが、手が胸の真ん中から離れないよう、ずれないようにします。これを1分間に100~120回の速さで繰り返し続けます。

最近の研究では、成人の場合、一般の人が心臓マッサージと人工呼吸の両方を行った場合の救命率よりも、心臓マッサージだけを行ったときの救命率のほうが同じかやや高いことや、心臓マッサージによって心室の細胞が元気になり、AEDが効きやすくなることなども明らかにされています。

倒れている人の胸の真ん中に手のかかとの部分を重ねてのせ、肘を伸ばしたまま真上から強く(胸が約5センチ沈むまで)押してください。圧迫を繰り返すとき、手を胸から離さないでください。

メッセージビデオ あなたにしか救えない大切な命

AEDの普及状況

AEDに関するリンク集

AEDの設置基準の提言

提言「学校での心臓突然死ゼロを目指して」日本循環器学会AED検討委員会

PUSHプロジェクト

減らせ突然死AEDプロジェクト

AEDサスペンスドラマゲーム 心止村湯けむり事件簿
AED・心臓マッサージを楽しく学べるサスペンスゲーム(日本循環器学会)

AEDと心肺蘇生普及基金

ご寄付のお願い