日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > AEDで助かる命 > AEDを使った救命の仕方

AEDで助かる命 そこにAEDがあれば、そこに助けようとする人がいれば、助かる命があります。

AEDを使った救命の仕方

応急手当の方法を身につけましょう

だれでもできる蘇生法:コール&プッシュ

どうしたら救える?

 必要なのは3つ、①119番通報とAEDの要請、②胸骨圧迫(心臓マッサージ)、③電気ショックです。

救急車を待っていては遅すぎる

 心停止の際の応急処置は「秒」を争います。一刻も早く救命処置を始めないと、助かる可能性がどんどん低下していきます。

行動を起こすことを恐れない

 仮に心停止でなかったとしても、胸骨圧迫によって、状態が悪化することはありません(倒れている人が嫌がるそぶりを見せたら中止します)。AEDには、診断機能がついていて、必要のないときに電気ショックを与えてしまうこともありません。倒れた人に反応がなかったら、恐れずに行動を開始してください。

【手順1】反応の確認と119番通報/AEDの要請

周りの安全を確認して近づき、肩をたたきながら「大丈夫ですか?」と声をかけます。反応(動きや返事)がなければ、大きな声で人を呼び、119番通報とAEDを持ってくるように頼みます。

【手順2】呼吸の確認と胸骨圧迫(心臓マッサージ)

倒れた人をあお向けにして、10秒以内に胸やおなかの動きをみます。呼吸がないか、普段どおり息をしていない時は胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行います。


*息をしているように見えても、突然、心停止となった場合、「死戦期呼吸」と呼ばれるゆっくりとあえぐような呼吸や「けいれん」が認められることがあります。

*「死戦期呼吸」や「けいれん」の判断ができない場合や、自信がもてない場合も、胸骨圧迫とAEDの使用を開始します。


ポイントは「強く」、「はやく」、「たえまなく」

 

●強くー胸が約5cm沈むまで
 しっかり体重をかけて押し下げ、すぐにゆるめます。

●はやくー1分間に100~120回のテンポ

●たえまなく
 倒れた人が動き出すか、救急車が来るか、AEDが届くまでしっかり続けます。

【手順3】AEDを用いた電気ショック

 

AEDとは、「自動体外式除細動器」のことで、心室細動と呼ばれる不整脈(心臓のけいれん)によってポンプとして動かなくなってしまった心臓に、電気ショックを与えることにより、元の収縮を取り戻させるための機器です。

AEDは、心電図を自動的に解析し、音声や表示をしてくれます。落ち着いてAEDの指示に従い救命処置を進めてください。


AED操作の手順1

電源を入れると音声の指示が始まります。

*胸が汗などでぬれている場合は拭き取ってからはいります。シップ薬など何かはられていたらはがします。

*ペースメーカーなど皮膚の下に何か埋め込まれている場合はそこを避けてはります(皮膚の下に硬いこぶのようなものがあります)。

*就学前のこどもには、こども用パッドか小児モードに切りかえます。ない場合はおとなと同じパッドを使います。


AED操作の手順2

電極パッドをはります。位置はパッド等にも描いてあるので、それに従います。

AED操作の手順3

AEDが自動的に心電図を解析し、音声などで指示を出します。

*AEDが心電図の解析を始めたら胸部圧迫をやめ、倒れている人から離れます。*電気ショック後はすぐ胸部圧迫を再会します。AEDはまた心電図を解析して、2分ごとに電気ショックが必要か否かを指示してくるので、それに従います。感電に注意ショックボタンを押す!

電気ショックが必要な場合は「電気ショックが必要です」と音声が流れ、充電が始まります。

充電が終わり、「ショックボタンを押してください」の音声や充電終了の連続音が流れ、ショックボタンが点滅します。
「離れて」とまわりの人に注意し、だれも触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。

メッセージビデオ あなたにしか救えない大切な命

AEDの普及状況

AEDに関するリンク集

AEDの設置基準の提言

提言「学校での心臓突然死ゼロを目指して」日本循環器学会AED検討委員会

PUSHプロジェクト

減らせ突然死AEDプロジェクト

AEDサスペンスドラマゲーム 心止村湯けむり事件簿
AED・心臓マッサージを楽しく学べるサスペンスゲーム(日本循環器学会)

AEDと心肺蘇生普及基金

ご寄付のお願い