日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > AEDで助かる命 > 子どもに使えますか?

AEDで助かる命 そこにAEDがあれば、そこに助けようとする人がいれば、助かる命があります。

子どもに使えますか?

未就学児の場合には、小児用電極パッド(パッドのサイズが小さく、また流れる電流を成人用の3分の1程度に調整)を使うことが望ましいですが、なければ成人用のAEDを使用してください。


また、もし倒れた未就学児のそばに、あなた一人しかおらず、その子どもの意識・呼吸がない場合には、気道を確保して2分間心臓マッサージを行ってから、119番に通報してください。 乳児(1歳未満)の場合には、2本指で心臓マッサージを行ってください。

子どもの心停止には、呼吸停止が多く、その場合は人工呼吸が重要です。 ぜひ、機会があれば講習会等に参加して、学んでください。

ただ、あなたがもしその場にいたならば、できることをしてください。 助けようという気持ちが一番大切です。

なお、子どもの心停止には、人工呼吸も重要です。ぜひ講習会等に参加して、学んでください。

メッセージビデオ あなたにしか救えない大切な命

AEDの普及状況

AEDに関するリンク集

AEDの設置基準の提言

提言「学校での心臓突然死ゼロを目指して」日本循環器学会AED検討委員会

PUSHプロジェクト

減らせ突然死AEDプロジェクト

AEDサスペンスドラマゲーム 心止村湯けむり事件簿
AED・心臓マッサージを楽しく学べるサスペンスゲーム(日本循環器学会)

AEDと心肺蘇生普及基金

ご寄付のお願い