日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心電図とは > 心電図 相談と回答 > 不完全右脚ブロックについて

疾患別解説

不完全右脚ブロックについて

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3094J

21歳、 女性: 不完全右脚ブロック

私は10歳の時に不完全右脚ブロックと診断されました。現在大学三年生で、これから就職活動を始めるにあたって、客室乗務員を目指そうと考えていますが、応募資格に「呼吸器、循環器、耳鼻咽喉科等に異常がない方」とあるのですが、不完全右脚ブロックは循環器の異常とみなされてしまうのでしょうか?
日常生活に問題がなくても心電図をとればわかってしまうと伺いました。小さい頃から憧れていたので、今からとても心配になってしまい今回質問させていただきました。

日本心臓財団からの回答

<不完全右脚ブロックについて>
心電図の上での所見の名称で、特定の疾患を意味するものでは(病名では)ありません。この所見は一部の疾患にみられることがありますが、他に異常のない正常人にみることもあります。
以前に何かの疾患があって後遺症として残っている場合もあり、先天性の場合もあります。

<現在の状態と就職>
先ず心電図を含め、問題となる疾患があるかどうかを医師に確認して貰って下さい。右脚ブロックがあったとしても、実際上問題になる(他の)疾患がなければ、就職可能と思います。会社の方針には当方ではタッチできませんが、問題が起こり得るとすれば、然るべき専門医などに診断書あるいは意見書のようなものを書いて貰えば、通常の意味では(常識的には)大丈夫と思います。

2005年1月26日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い