日本心臓財団の助成・賞

心臓血管病に関する優れた研究に助成をしています。

第32回日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成対象者

2019年03月04日更新

日本心臓財団では、バイエル薬品株式会社の協力のもとに、循環器領域の研究に携わる40歳未満の少壮研究者が海外の研究機関等に留学し、研究を行うための海外留学助成事業を実施しています。今回第32回本事業に32名より応募があり、その中から以下のとおり助成しました。

(五十音順・敬称略・助成金額は各300万円)
            

番号

氏  名

所  属

研 究 課 題

留 学 先

1

稲葉   佑
(32歳)

慶應義塾大学医学部
外科(心臓血管)
助教

大動脈瘤の病態解明、免疫学的薬物学的新規治療法研究

スタンフォード大学
(米国)

2

小川  隼人
(34歳)

名古屋市立大学大学院
医学系研究科
循環器内科
客員研究者

クローン性造血が動脈硬化を促進するメカニズムの解明

バージニア大学
(米国)

3

表   和徳
(37歳)

北海道大学大学院
医学研究院
循環病態内科学教室
医員

肺高血圧を標的とした左室収縮能が保持された心不全に対する新規治療法の開発

メイヨークリニック
(米国)

4

川上  りか
(35歳)

兵庫医科大学病院
病理診断科
病院助手

非閉塞性冠動脈による心筋梗塞の病理学的特徴

シーブイパス インスティチュート
(米国)

5

齋藤  純一
(36歳)

横浜市立大学医学部
循環制御医学
助教

弾性線維異常による大動脈狭窄の病態解明と治療法探索

イェール心臓血管研究センター
(米国)

6

齋藤  恒徳
(38歳)

日本医科大学
循環器内科学
助教

心筋細胞におけるオートファジーの分布・出現様式および調節機構の解明

シーダーズサイナイメディカルセンター
(米国)

7

多村  知剛
(36歳)

慶應義塾大学医学部
救急医学
助教

心停止後症候群における新規治療ターゲットとしての免疫担当細胞調節機構の解明

ハーバード大学
(米国)

8

中出  泰輔
(32歳)

群馬県立心臓血管センター
医長

心疾患患者における潜在的な回復力の有無を診断するためのストレステストの開発・研究

カリフォルニア大学
(米国)

9

西山 崇比古
(38歳)

慶應義塾大学医学部
循環器内科
特任助教

ゲノム編集を用いたデュシェンヌ型筋ジストロフィーにおける新規心不全治療の開発

テキサス大学
(米国)

10

水野   篤
(39歳)

聖路加国際病院
循環器内科
医幹

循環器緩和ケアにおける行動経済学的アプローチ

CHIBE(チャイブ)
(米国)

11

矢嶋  真心
(37歳)

JCHO大阪病院
心臓血管外科
医長

ヒト由来血管平滑筋及び血管内皮前駆細胞2層シート貼付は心筋梗塞後心機能を再生する

スタンフォード大学
(米国)

心臓にやさしい「ハートレシピ」 心臓にやさしい「ハートレシピ」
CLOSE
ご寄付のお願い