日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > た行 > 洞(性)徐脈

心臓病用語集

心臓病用語集

洞(性)徐脈 どう(せい)じょみゃく
洞結節性のリズムであるが、その興奮数(心拍数)が少ない状態(60/分以下)をいう。迷走神経緊張が亢進した場合などに際してみられる。脈が病的に遅い場合は洞不全症候群とよばれる。
119洞性徐脈.JPG
<洞性除脈:名古屋大学循環器内科提供>   
ご寄付のお願い