日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > た行 > 電気生理学的検査(EPS)

心臓病用語集

心臓病用語集

電気生理学的検査(EPS) でんきせいりがくてきけんさ(いーぴーえす)
カテーテルを用いて、電気的刺激を加えながら、心臓内の刺激伝導系の異常を詳しく調べる検査である。心腔内に多数の電極を装着したカテーテルを挿入し、心筋局所の電位を記録しながら、心臓刺激を行ない、不整脈を誘発し、その際の興奮伝導様式から不整脈発生の機序を知る。不整脈の原因となる微小電位の検出も行なわれることがある。
ご寄付のお願い