日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > た行 > 大動脈弁輪拡張症(AAE)

心臓病用語集

心臓病用語集

大動脈弁輪拡張症(AAE) だいどうみゃくべんりんかくちょうしょう
上行大動脈の拡大により大動脈弁輪が拡張し、大動脈弁閉鎖不全を起こしている状態。先天的に動脈壁が弱く、拡張傾向にあるマルファン症候群の場合にみられることが多い。ただし、これとは関係なく、独立してみられる場合もある。
図Aは、マルファン症候群の32歳男性の1年毎の経年的な胸部X線像と大動脈造影。弁輪拡大が進行し、ついに大動脈弁逆流が出現している。動脈硬化症のほか先天的に大動脈壁が嚢胞状中膜壊死という脆弱な状態にあるマルファン症候群にみられる。治療としては大動脈弁閉鎖不全に対する弁置換と冠動脈再建を同時に行う大動脈基部置換が必要となる(図B、ベントール手術原法とキャブロール変法)。
110大動脈弁輪拡張症65共有.jpgのサムネイル画像
 
<図B:最新医学知識の整理 医学各論Ⅲ 心臓・脈管疾患  医歯薬出版(株)  1990年 編集:川田志明・小沢友紀雄 >  
             
 

 
ご寄付のお願い