日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > さ行 > 心室中隔欠損症

心臓病用語集

心臓病用語集

心室中隔欠損症 しんしつちゅうかくけっそんしょう
右心室と左心室の間を仕切っている壁である心室中隔に孔があいている先天性の心疾患である。乳児検診では5%くらいにみられるが、生後1才以下で概ね、閉鎖する。欠損の部位によって、弁閉鎖不全を合併することがある。左室から右室に血流が短絡するために、肺血流量が増加し、心不全を合併することもある。細菌性心内膜炎の予防が必要である。

ご寄付のお願い