日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > さ行 > 心内膜床欠損症

心臓病用語集

心臓病用語集

心内膜床欠損症 しんないまくしょうけっそんしょう
胎生期に心房、心室内腔の内面が隆起して心内膜床になるが、これが欠損した状態を心内膜床欠損症という。心房中隔下部から房室弁、心室中隔上部を含む広い範囲が欠損する。心房中隔欠損と房室弁閉鎖不全を合併したものを部分型、さらに心室中隔欠損を合併したものを完全型と呼ぶ。房室ブロックを伴うこともある。
92心内膜床欠損症.jpgのサムネイル画像
           <門間和夫先生提供> 
ご寄付のお願い