日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > さ行 > 硝酸薬・血管拡張薬

心臓病用語集

心臓病用語集

硝酸薬・血管拡張薬 しょうさんやく・けっかんかくちょうやく
硝酸薬は狭心症治療薬としては最も古くから用いられ、現在でも急性冠不全に際して用いる基本的な薬である。作用時間が短いので長時間作用型の内服薬や皮膚貼付型など、舌下薬以外の方法でも使用されている。静脈血管拡張作用が強力であり、心不全の場合には、心臓への還流血流量を抑制する前負荷軽減療法薬としてよく用いられている。
ご寄付のお願い